FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪漫考察

ぶっちゃけ文字だけです
スルー推奨
知ってる人は知ってると思いますが
某フレのブログで興味深いことを言ってました

ガンサーって何?

これを見て ちょいと自分が思い出したのは
学生のころ ロックって何だろうって考えたことです

学生のとき 何でもかんでも
○○はロック 誰々はロック ってのが口癖の友人がいまして
最終的に UAはロックって言い出したのかな
それはさすがに違うだろう と言いましたけども
そういう風に ロックンロールを仕分けするようなことをしている俺が
一番ロックじゃないんじゃないかと 考えたのです
人それぞれ思い描くロックの形がある
それもロックの自由なところじゃないかと

ガンサーについても同じように考えました
例えば 『基本的に』自分は閃光やら罠やらは使いません
フレも似た人が多いですね
では 閃光なんかを多用するガンランスをしょった人に
「あんたはガンサーじゃないよ」
って言われたらどうでしょうか

仮定の話ばっかりですが
『この人とは考え方が違う』と判断するってところじゃないでしょうか

思うにガンサーってのは
広義としては ガンランスを使う人でも
狭義は 人それぞれのガンサー像があるので 決められない
じゃないかなぁ と思います
みんなそれぞれのガンサー像があって それを大事にしていけばいいかと


んで タイトルの浪漫について
ガンランスでは よくロマンロマンという言葉が飛び交います

でもね 考えました
ロマンって言葉が言い訳になってる場合がないかと

また仮定の話ですが
飛んでるレイアを撃ち落としたらロマンでしょうか?
突進を竜激砲で止めたらロマンでしょうか?

野良で前に見たことがあります
レウスが突進で遠くに行きました
俺は追いかけました
2人ガンサーがいましたが動きませんでした
レウスは 飛んで 火球ブレスしました
そこで初めて動きだしたのです
多分 突進を待って竜激砲で止めたかったのでしょう


誰かのブログにありました
『竜激砲で止めるために突進を待つなら
自分は走っていって 踏み込み突きをする』
確かこんな意味合いでした
自分にはこの考え方の方がしっくりきます

ガンスは
鈍足・手数少ない等のイメージがつきまといますだから いや だからこそ
突進で遠くに行ったモンスが 再度突進でこっちに来るなら 竜激砲で迎え撃つ
飛んだモンスに手を出せるのはガンや弓くらいですが ガンスには砲撃があるから 砲撃でダメを与える
そういった考えの元 突進止め・レウスの撃ち落としは生まれた
自分はそう思います
(ホントは違うかもしれませんがw)

だから
突進止めをしたいから 突進を待つ
これは本末転倒の気がしてなりません

そういう考え方の自分ですから
モンスの肉質もある程度気にします
弱点属性も気にします
変種は属性ダメがマイナスになると聞いていたので 最初に作ったSP武器は無属性のデッドでした
防具も一種類しかないですが クエ失敗をそのせいにしたくありません
だから 立ち回りも考えます
乙れば悔しいし できるだけ乙りたくありません
時間切れだって嫌です
この考え 突き詰めると
『だったらヌヌか太刀担げや』
ってなりかねません
でも 自分はガンスが好きなのです

ガンスという非効率なイメージが付きまとう武器で
相手にどうやってダメを与えるか考える
そういう風に立ち回ってると
クエ中に PTメンバーと息がピッタリ合って竜激砲を撃てる時があります

思うにそれが
『浪漫』
ではないかと 思います

上手く説明できませんが
自分が考える 浪漫・浪漫プレイは そういうのです

だから自分は 無闇やたらに あれもロマン・これもロマンと言って乙りたくありません
ですから

浪漫重視ですが
言い訳にするつもりは
ありません


もちろん 自分の勝手な意見ですから
あいつはガンサーじゃない
浪漫じゃないと思って頂くのも自由です
というか そちらを推奨しますw


文章にすると上手くまとまらないなw
不快に思った方はごめんなさい
そして 長々と読んで頂いてありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

No title

呼んでいて共感させられる部分がありました
狙ったロマンよりもひらめきや
感覚で作られるロマンを大事にしたいってことですよね?僕もそう考えます
ただひたすら突進をまって 突進がきて竜劇でとめた そんな狙ったロマンには感動もないしカッコよさも感じません 

No title

ロマンってのは狙って撃つより、感じて撃つというイメージが自分にはありますね。
そりゃ、狙って竜撃構えるのももちろんイイと思うけど、その「狙って撃つ」ことに集中し過ぎるとなんだかなぁって思いますね。
記事にも書いてあったけど、あうんの呼吸で竜撃が揃った時には狙って撃った時とは違う感じがしますね~
まぁ、いろんな兄弟がいるから考えも人それぞれですけどねw

>ターキーさま
はじめまして
こんな過疎地のようなブログへようこそw

そうですね
もちろん 考え無しにバカバカ砲撃を撃つのはただの砲撃厨ですが がっちがちに固めた戦い方や、『ロマンありき』という戦い方には感動もありません
ただ どこで線を引くのかということなれば やはり個人個人の考え方になるのかもしれないですね

>リオンさん
そうそう
自分なりの立ち回りをして 放った竜激砲がシンクロしたとき
あれはゾクッとしますな
まだ数回しか経験無いですがね

考えてないわけじゃない
でもガチガチにやってるわけでもない
自分にできる限りの立ち回り
そこから浪漫は生まれるんでしょうね



そんな立ち回りまだまだ出来てないですけどw

効率だとか、制限だとか関係ないところでガンスが好きだって言える人こそがガンサーだと思ってる。
そして、自分が理想とする動きとかが出来た時こそ浪漫なんじゃないだろうか、と私は思う。
戦闘の中で流れるように放たれる竜撃も、チームワークを生かし狙う要塞のような竜撃も、私は甲乙つけがたいなぁ。

などと、ガンサーでないおばちゃんがほざきます・ω・

No title

>クマさん
遅レスでごめんなしあ

むぅ
要は人それぞれなんだよねぇ

>チームワークを生かし狙う要塞
これ 俺がいう ガッチガチに固めたってのとはちょっと違うんだよね
鉄壁の守り 隙を突いた反撃
それもまたいいと言えるのです

何が言いたいのかわからんくなってきたw
リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。